■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事

■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ミラノ万博ジャパンデーから一年過ぎて…。
早いもので怒涛のようなジャパンデーから一年経ちました。
毎日の生活に追われ、ミラノ万博のことが過去のことに変わりつつある中で、ところで今あの場所はどうなっているのだろうと気になり、9月いっぱいまで万博会場が一部開放となっているので、見学に行ってきました。

しかしながら開放されているのは青く囲んだごく一部。
週末の金土日、14時から23時までとなっています。もちろん無料。
シャトルバスも会場の南側のみを走っています。
dopo2.png
dopo1.png

かつてのセキュリティゲートは何もない。
dopo3.png

ゲートから入って、メインストリートに向かう道は閉鎖しています。
dopo5.png

パビリオン・ゼロは健在。
dopo4.png

シャトルバスに乗って野外劇場で降りると、南北を通る短い方のメインストリートが開放されています。
dopo6.png

かつての未来のスーパー「コープ」は外壁を変え展示会場に。
dopo7.png

アルファロメオ博物館の宣伝も。
dopo8.png

クラスターはそのまま残してあります。
dopo9.png

この辺もそのままの残っています。
dopo10.png

日本館が存在していた痕跡は見当たらない。逆に場所の特定が困難でした。
dopo11.png

他が廃墟のようになっている中でマクドナルドは普通に営業しています。
dopo12.png

その隣のトルクメニスタン館だけ現存。
dopo13.png

アメリカ館の裏にあったフードトラックは場所を変えて営業。
dopo14.png

野外劇場では格闘技のイベントの準備。
dopo15.png

「生命の木」は1時間おきに噴水ショーをしています。
dopo16.png
dopo17.png

しかし、それ以外の時間は橋を渡って中まで入れます。
dopo18.png
dopo19.png

下から見上げたり。
dopo20.png

生命の木の根元の部分にはパネルで説明があります。
この形状がローマのカンピドーリオ広場からヒントを得たとか。
dopo21.png

生命の基本的な比率である黄金比を使っているとか。
dopo22.png

建築の様子など、先に教えてくれればもっと詳しく説明できたのに…。
dopo23.png

そしてイタリア館もそのままの形で健在。
dopo24.png

館内も開放されています。信じられないくらいの静寂。
dopo25.png

かつて人形がおいてあった部屋は、イタリアの国歌が流れオリンピックのイメージ映像があります。
やはりこの先の2024年ローマ五輪に焦点を当てているのでしょうか?
dopo26.png
dopo27.png

最後までよくわからなかった展示室は、よくわからないまま現存しています。
dopo28.png
dopo29.png

窓から見える景色、イスラエル館、フランス館は存在せず。
dopo30.png

流れるようにして見るしかなかった部屋も今はゆっくり見学できます。
dopo31.png

ミラノ万博メモリアル映像。
dopo32.png

2007年の時点での建設計画。
dopo33.png

2009年の計画。
dopo34.png
dopo35.png

かつて存在していた各国パビリオンの説明。
dopo36.png
dopo37.png

そしてVRのヘッドギアをつけると360度3Dで会場内部が再現されています。
dopo38.png

再び訪れてみると遺跡巡りのような感覚で、なかなか楽しめる場所でした。






スポンサーサイト
ミラノ万博情報 | 09:38:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
イタリアでも大気汚染深刻 ミラノ、ローマで車両規制
 イタリアの首都ローマと北部ミラノで大気汚染が健康に有害なレベルに達し、両市で28日から中心部への車両乗り入れが規制されることになった。国内では1カ月以上、ほとんど雨が降らず、空気が乾燥した日が続いており、主要都市を中心に車の排ガスや暖房などによる大気汚染が深刻になっている。

 ローマ市当局は28~29日、車両のナンバープレートの偶数と奇数で日替わりに通行を制限。家庭用暖房器具の温度も18度以下に設定するよう奨励している。

 ミラノ市内では30日までの3日間、朝から夕方までマイカーの市内への乗り入れを全面禁止する。産業の中心地で車両の通行量が多いミラノでは、これまでにも通行規制などによる排ガス削減策が導入されている。(共同)



ミラノはPM10の大気汚染に関しては10年前からこのような状態でした。

汚染1
汚染

ちなみにPM2.5との違い。

汚染2




未分類 | 20:43:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
写真撮影解禁!?『最後の晩餐』の件。
12月1日より『最後の晩餐』の写真撮影が解禁されたようです。
係員によるとビデオの撮影のみ禁止。この二つに一体何の違いがあるのか分かりませんが。

しかしながら、いつまた気が変わって撮影禁止になるか誰にも分かりませんので、写真をとっておくなら今でしょ。

90年代後半にこの仕事を始めた時には、最後の晩餐に入場するときに予約というものはありませんでした。8時15分からの入場を目指してホテルを早く出発し長蛇の列に並んで入るのが通例で、今のような15分という鑑賞時間の区切りはなく自由。しかもフラッシュ無しであれば写真撮影も自由でした。

一昔前であれば、日本から持ってきたカメラは普通のフィルムカメラ、または使い捨てカメラが多く、『自撮り』という概念はありませんでした。したがって殆どの人が絵画のみを写真に収めている状態でした。

その後、修復も終わり完全予約となり撮影も禁止されたのですが、約15年という時を隔てて写真解禁となったのであれば撮るしかない。

生まれて初めて最後の晩餐の前での自撮りです。自分がこの街に生きていた証です。

晩餐

美の巨人たち、レオナルド・ダ・ヴィンチ




ご参考までに。




ミラノ歴史 | 08:17:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミラノ万博で外国人消費が100億ユーロ突破、中国が消費額1位
2015年11月26日、イタリアの金融監督管理当局がまとめた統計資料によると、6カ月にわたるミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の開催期間中、外国人がビザカードを使用して消費した金額が100億ユーロ(約1300億円)に達し、前年同期比12.5%増加した。その他のクレジットカードや現金での消費額は統計に組み込まれていない。中国新聞社が伝えた。

万博開催中、ミラノ市でのビザによる消費額は6億1940万ユーロ(約810億円)に達し、同27%増加した。欧州ビザカード管理部門によると、外国人のミラノでの消費額は5月が1億8970万ユーロ(約250億円)、6月が1億9860万ユーロ(約260億円)に上り、9月と10月は消費の伸びが最も早く、万博開幕前の2カ月間に比べ22%増加した。

万博開催中の観光客の消費額が多かった国は中国、フランス、米国、英国、ロシアで累計4億180万ユーロ(約520億円)を消費し、万博開催期間の外国人による消費全体の65%を占めた。中国人は1位で6380万ユーロ(約83億円)を消費し、次はフランス人の6300万ユーロ(約82億円)だった。

消費の内容をみると、万博開催中に最も恩恵を受けたのは衣類と高級品で、中国人とロシア人が最大のお得意さまだった。次に恩恵を受けたのはホテル産業だ。





ミラノ万博記事 | 14:00:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
「猫カフェ」体験。
猫カフェとは室内に猫を放し飼いにし、猫とふれあう時間を提供する業態の喫茶店です。

IMG_5150.jpg
IMG_5151.jpg

飲食店の一種であるが、猫と同じ空間でくつろげ、猫に癒されることを主な目的とし、一般的には、通常のカフェに数匹の猫が放し飼いにされており、利用者はそこで飲食したり猫とふれあって時間を過ごす。猫との接触が可能な場所と飲食スペースが分離されている店舗もあるそうです。

先月オープンしたミラノ初の猫カフェは、入り口の扉が二重になっており、店員が中から開けるまで外でお待ち下さいと記載しています。

メニューにも説明書きがあり、餌を上げないでください、猫が寝ているときはそのまま寝かせてあげてください、写真は自由にとってください、などと書かれています。

IMG_5130.jpg
IMG_5137.jpg

平日の午前中にもかかわらず、店内はほぼイタリア人客で賑わっていました。




未分類 | 09:18:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。