FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ミラノ万博で外国人消費が100億ユーロ突破、中国が消費額1位
2015年11月26日、イタリアの金融監督管理当局がまとめた統計資料によると、6カ月にわたるミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の開催期間中、外国人がビザカードを使用して消費した金額が100億ユーロ(約1300億円)に達し、前年同期比12.5%増加した。その他のクレジットカードや現金での消費額は統計に組み込まれていない。中国新聞社が伝えた。

万博開催中、ミラノ市でのビザによる消費額は6億1940万ユーロ(約810億円)に達し、同27%増加した。欧州ビザカード管理部門によると、外国人のミラノでの消費額は5月が1億8970万ユーロ(約250億円)、6月が1億9860万ユーロ(約260億円)に上り、9月と10月は消費の伸びが最も早く、万博開幕前の2カ月間に比べ22%増加した。

万博開催中の観光客の消費額が多かった国は中国、フランス、米国、英国、ロシアで累計4億180万ユーロ(約520億円)を消費し、万博開催期間の外国人による消費全体の65%を占めた。中国人は1位で6380万ユーロ(約83億円)を消費し、次はフランス人の6300万ユーロ(約82億円)だった。

消費の内容をみると、万博開催中に最も恩恵を受けたのは衣類と高級品で、中国人とロシア人が最大のお得意さまだった。次に恩恵を受けたのはホテル産業だ。





スポンサーサイト



ミラノ万博記事 | 14:00:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
最終週の入場者数。
10月26日(月) 186.471人
10月27日(火) 178.426人
10月28日(水) 151.753人
10月29日(木) 166.951人
10月30日(金) 184.117人
10月31日(土) 177.848人

ということで、1日平均13万人の入場ということになったそうです。




ミラノ万博記事 | 06:24:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
チェコ共和国の解体。
夏の思い出ですね。

チェコ
チェコ1
チェコ2





ミラノ万博記事 | 06:14:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
祭りのあとの静けさよ。
dopo1.png
dopo2.png
dopo3.png
dopo4.png
dopo5.png






ミラノ万博記事 | 07:32:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
毎日新聞の記事より
ミラノ万博閉幕:目標上回る2100万人来場

【ローマ福島良典】「食」をテーマにイタリア北部ミラノ郊外で今年5月から開催された国際博覧会(万博)が10月31日、半年間の日程を終え、閉幕した。参加約140カ国・地域・機関が豊かな食文化を紹介し、食料危機への取り組みを訴えた。目標の2000万人を上回る約2100万人が来場し、主催国イタリアにとって「大成功」(マッタレッラ大統領)となった。

 ミラノ万博は「地球に食料を、生命にエネルギーを」をスローガンに掲げ、食料を得る権利を基本的人権と位置づけた「ミラノ憲章」を発表した。マッタレッラ大統領は閉幕式で「食は世界の共通言語」「飢餓の根絶は平和構築に不可欠な要素だ」と地球規模の食料問題の解決を呼びかけた。

 会場建設工事の遅れから5月の開幕当初は混乱が懸念されたが、期間途中から格安の夜間入場券を発売したこともあって中・終盤にかけて客足が伸びた。先端技術を駆使して和食の魅力を発信した日本館には連日、長蛇の列ができ、約228万人が来館。傑出した展示館に贈られる金賞を受賞した。

 最終日に日本館のレストランを訪れたイタリア人女性のグラツィア・カンパニョーロさん(60)は期間中3度目の来館。「幻想的な光で表現された水田の様子など美しい展示に感動した」と感想を語った。

 万博では、欧州への輸出が禁止されているかつお節や日本産豚肉の搬入が特例として認められた。日本政府関係者は「こだわりの食材を持ち込むという実績を作ることができた」と話している。




ミラノ万博記事 | 18:46:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ