FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

首相訪問?
毎日新聞の記事より、

 安倍晋三首相が7月にイタリア北部ミラノを訪問する方向で調整を進めていることが分かった。「食」をテーマに5月に開幕するミラノ万博を視察し、食糧安全保障や持続可能な開発について日本とイタリアの協力推進を確認する見通し。

 万博関係者や日イタリア外交筋が明らかにした。7月11日に万博会場で予定されている日本の祭典「ジャパンデー」に合わせて訪問する案が有力。現地でレンツィ・イタリア首相との首脳会談が開かれる可能性もある。ただ、西川公也前農相の辞任の影響で来年度予算案の年度内成立が困難になり、安全保障法制を巡る国会審議を控えるなど、訪問実現は国会日程次第だ。


ということです。




スポンサーサイト



ミラノ万博記事 | 18:17:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
ふくしまウイークの件。
福島民報の記事より、


10月に「ふくしまウイーク」 「心」「食」テーマ

 イタリア・ミラノで5月に開幕する「ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)」で、県の出展概要が決まった。10月11日から14日までを「ふくしまウイーク」として、「ふくしまから感謝を込めて~ふくしまの『心』と『豊かな食文化』」をテーマに掲げる。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による県産農林水産物の風評の払拭(ふっしょく)を最大の目的に、観光誘客の拡大と県産品の輸出再開・拡大につなげる。
 復興に向けて歩み続ける本県への支援に感謝を伝え、本県の四季と歴史に育まれた独特の食文化、県産食品の安全確保の取り組みを試食や映像、体験行事などを通じて紹介する。出展品はコメや日本酒、伝統食などを幅広く検討している。

■知事に日本館旗 県庁で引き渡し式

 日本館「イベント広場」に出展する団体に配られる日本館旗の引き渡し式は27日、県庁で行われた。
 ミラノ万博の加藤辰也日本政府代表が内堀雅雄知事に、箸を題材にした日本館旗を手渡し、協力を呼び掛けた。内堀知事は「自信を持って食の安全性を伝えたい」と応じた。

■「ふくしまウイーク」の出展概要

(1)復興に向けて歩み続ける本県の姿
 震災から立ち上がり、復興に向けて歩み続ける姿に焦点を当て、復興支援に対する感謝の思いを伝える。
(2)本県の四季と歴史が育む食文化
 本県の四季と豊かな自然が生み出す農林水産物、自然の恵みに敬意を表す伝統行事、これらが融合して育まれた食文化について映像や来場者参加型の体験行事などで紹介する。
(3)県産食品の安全確保の取り組み
 原子力災害を克服するため、最新技術を駆使して実施しているコメの全量全袋検査など食の安全を確保する取り組みを紹介し、県産食品について正しい理解を促す。


ということです。




ミラノ万博記事 | 18:13:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
オリーブ牛の件。
四国新聞社の記事より、

ミラノ万博にオリーブ牛など出品へ/特例措置で

 香川県は25日、イタリア・ミラノ万博への県産品の出品について、輸出要件の問題で難しいと見られていた県特産のオリーブ牛と、うどんのだしに欠かせないイリコが出展できる見通しになったと明らかにした。小麦の麺やオリーブなど、食文化に共通点を持つイタリアで逸品の味を披露し、香川の魅力をアピールする。

 同日の2月定例県議会総務委員会(五所野尾恭一委員長)で、佐伯明浩氏(自民・観音寺)の質問に、工代祐司政策部長が答えた。

 県産品振興課によると、ミラノ万博は「食」を主なテーマに5~10月、ミラノ市近郊のロー市で開催。日本館では、日本食や日本の食文化が持つ多様な知恵や技を紹介する。

 県は同館内のイベント広場で8月29日~9月1日の4日間、ブースを出展。職人によるうどん打ちの実演や、イタリアと香川の「利きオリーブオイル」などの参加型イベントを実施する計画を公表した。

 EU圏への農畜水産物などの輸出は、厳しい要件が課せられるが、今回は特例措置として、万博内での使用に限り牛肉や水産加工品が持ち込めることになった。同課は「今回の措置で、本物の讃岐うどんの味を楽しんでもらえるのでは」と期待している。


ということです。


歴史、技術、気候風土…それらの要素が融合し生まれた奇跡。
私たちだからこそなし得た、「オリーブ牛」誕生までの歴史とは。

日本のオリーブ栽培発祥の地
日本でのオリーブ経済栽培は、明治四十一年(1908年)に全国3県に輸入したオリーブ苗木を植えたのがはじまりで、結果、香川県(小豆島)に植えられたものだけが根付きました。 以来、小豆島は「日本オリーブ栽培発祥の地」として知られています。

瀬戸内の温かな風土に育まれた「讃岐牛」
香川の牛の歴史は古く、西暦七百年に遡ります。 明治十五年、小豆島で全国に先駆け和牛の肥育がはじまります。 大正のはじめには、京阪神で高い評価を受け「讃岐牛」の愛称で呼ばれます。 たゆまない努力、恵まれた気候風土のなかで培われた肥育技術。 品質の高い「讃岐牛」を生み出す“智恵と技”は生産の礎となっています。

ふたつの歴史が融合した香川県だけの黒毛和牛
小豆島の特産であり、香川県の県木でもあるオリーブ。 小豆島の肥育農家が、オリーブオイル搾油後の果実を飼料化することに成功。 瀬戸内海の温暖な気候風土と、オリーブに育まれた「讃岐牛」。 香川県だからこそなし得たプレミアム黒毛和牛、それが「オリーブ牛」です。





ミラノ万博記事 | 14:33:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
中日新聞より。
福井県のイベントです。

イタリア・ミラノ市郊外で、五月一日~十月三十一日に開かれる「ミラノ国際博覧会(万博)」に出展が決まった県はテーマを「禅(ZEN)と精進料理の福井」とし、精進料理の調理実演や禅の修行体験などで福井の魅力を発信する。県は関連費三千六百万円を二〇一五年度当初予算案に盛り込んだ。

日本館には自治体やNPO、業界団体など約四十団体が出展予定で、イベント広場はステージと観覧スペースがあり、広さは百十六平方メートル。福井は十月二十四~二十七日の四日間、世界無形文化遺産登録で注目を集める和食や世界的に有名な禅を取り入れた展示で福井をPRする。

精進料理を解説付きで調理したり、足の組み方などを指導し、座禅を体験してもらったりする。越前漆器や越前和紙など伝統的工芸品も展示し体験コーナーを設ける方針だ。実演者や展示の詳細は六月末をめどに固める。

ミラノ万博のメーンテーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを」で、百四十カ国・国際機関が参加する。


ということでした。




ミラノ万博記事 | 07:48:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
イタリア鉄道。
fs1

トラベルビジョンの記事によると、

イタリア鉄道(トレニタリア)のオフィシャル・エージェントを務めるウェスタン・アソシエイツによると、トレニタリアの日本語サイトがオープンした。同サイト上では、トレニタリアの列車と伊仏間を結ぶ「テロ」の切符を直接販売する。

 新サイトはトレニタリアの販売システムと接続しており、空席照会や座席の確定をリアルタイムで実施可能。また、日本に問い合わせ窓口も設けており、日本人が対応する。切符はEチケットで、ローカル線の場合は予約票のみで乗車可能だ。支払いは、ユーロ建て商品をユーロでクレジットカード決済する形を取る。

▽トレニタリア、日本語サイト
http://www.trenitalia.jp/

ということです。

イタリア鉄道のサイトには各言語で表記しています。

fs.png

さらにサイトには、ご丁寧に「よくある質問」も記載されています。

1. 切符はどこで買えますか。
当社ウェブサイト(www.italiatren.com)にてお買い求めになれます。オンラインでのご購入についてご不明な点がございましたら、当社事務所:03-6234-0277 までお問い合わせください。(営業時間:10時~17時。土日・祝祭日・年末年始をのぞく)


2. チケットはオンライン以外でも買えますか。
当社事務所:03-6234-0277 までお問い合わせください。(営業時間:10時~17時。土日・祝祭日・年末年始をのぞく)

3. 乗車後の購入は可能ですか。
必ず乗車前にご購入下さい。駅でもベース料金の切符をご購入になれます。(エコノミーとスーパーエコノミー料金はオンライン販売のみの料金です)


4. オンラインで購入した場合、切符以外にかかる費用はいくらですか。
販売手数料 8€ がかかります。


5. 往復で切符を購入すると適用される割引はありますか。
往復割引はありません。しかし同日往復の場合、一部列車で往復プロモーションが適用になる場合が有ります。

6. 家族割引はありますか。
「チャイルド・フリー・パス」がございます。適用条件はこちら からご確認ください。また子供料金というのもございます。

7. 予約席を指定できますか。
ご予約時にシステムが自動的に皆様の席をお取りする為、指定できません。グループ座席ご希望の場合は、全員分の切符を同時にご購入下さい。また空席状況により全員をお近くにお取りする事が出来ない場合もございますので、予めご了承のうえご購入下さい。

8. 切符は必ずeメールで送られてくるのですか。
高速鉄道: eメールにて、PFDファイル形式の切符(eチケット)が添付ファイルとして送られます。Eチケットをプリントアウトし、乗車時に必ずご携帯ください。
ローカル路線: eメールにて送られてくるのは購入確認書です。切符は乗車前に自動発券機(緑色)にて発券して下さい。その際、購入確認書に記載されている情報が必要になりますので、この確認書をプリントアウトしたものを乗車駅にご持参下さい。また、乗車前には発券した切符に専用マシーンにて日付を打刻する必要が有ります。専用機は駅構内にありますので、必ず日付を打刻して下さい。


9. 購入後24時間以内に切符または購入確認書が送られてこない場合はどうしたらいいですか。
担当者宛にご連絡ください。メール:kishi@wai.co.jp  電話:03-6234-0277(営業時間:10時~17時。土日・祝祭日・年末年始をのぞく)

10. 「条件にあうものはありません」という表示はどういう意味ですか。
指定条件にあう列車がない、または販売可能な日付ではないという事です。高速鉄道は乗車4カ月前から販売致します。ローカル路線は乗車2ヶ月前からです。

11. 予約した列車の日時を変更できますか。
ベース料金の切符であれば日時の変更ができます。予約列車の発車前までなら何回でも変更可能です。また発車後でも1時間以内であれば1回に限り可能です。

12. 支払処理が正常になされず購入出来ない時はどうしたらいいですか。
担当者宛にご連絡ください。メール:kishi@wai.co.jp  電話:03-6234-0277(営業時間:10時~17時。土日・祝祭日・年末年始をのぞく)

13. 支払処理の途中でネット接続が途切れた場合はどうしたらいいですか。
支払処理が正常に行われたか当社にて確認しますので、担当者宛にご連絡ください。メール:kishi@wai.co.jp  電話:03-6234-0277(営業時間:10時~17時。土日・祝祭日・年末年始をのぞく)

14. 支払処理が正常に終了しなかったはずなのにカードに課金された場合はどうしたらいいですか。
当社にて確認しますので、担当者宛にご連絡ください。メール:kishi@wai.co.jp  電話:03-6234-0277(営業時間:10時~17時。土日・祝祭日・年末年始をのぞく)

15. ローカル路線の切符を駅で発券するのにどの位かかりますか。
10分程度かかります。余裕をみて発車15分から20分前には乗車駅に着かれる事をお勧めします。

16. 切符の改札(日付の打刻)はいつ、どのように行うのですか。
ローカル路線の場合は、乗車前に発券と改札(日付の打刻)をする必要が有ります。改札は専用マシーンにて必ず行って下さい。
高速鉄道の場合、改札は必要ありません。プリントアウトしたeチケットを携帯し、ご乗車下さい。


通常のイタリア語のサイトとの大きな違いは、日本語から購入すると手数料がかかるということですね。問題が生じた時に日本語で対応してもらえるのであれば、安心料と言った感じでしょうか。




未分類 | 15:48:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
スカラ座公演「トゥーランドット」。
turandot.png

5月1日のミラノ万博開幕に合わせた、スカラ座公演のオペラ「トゥーランドット」が一時間で売り切れたそうです。さすがに初日のチケットは完売ですが、他の日にはまだ残席がありそうです。5月23日までの8回公演になります。

turandot1.png

イタリア出身の指揮者リッカルド・シャイーはミラノ生まれで、今日を代表する名指揮者の一人です。
ボローニャ歌劇場、ベルリン放送響、ヴェルディ響の音楽監督、デッカ・レーベル専属アーティストとしてレコーディングの数、受賞も膨大となっています。
2015年1月に故郷のミラノ・スカラ座の首席客演指揮者に就任し、その後2017年より、同歌劇場の音楽監督を任される予定です。

トゥーランドットはジャコモ・プッチーニによって90年近く前に作曲され、1926年4月25日スカラ座初演されました。今でも大変人気のあるオペラです。

北京を舞台にしたスケールの大きいグランド・オペラとして、合唱を中心に迫力のある場面が繰り広げられます。また中国調の旋律が流れ、オリエンタルな雰囲気の中に様々な工夫が凝らされていて、3つの謎解きなど見どころの多いオペラです。

特に第3幕のカラフのアリア「誰も寝てはならぬ」は、勝利への思いとトゥーランドット姫への愛を熱烈に歌い上げるテノールのアリアとして、最も人気のある曲となっています。

トゥーランドットが日本でも一般的に知られるようになったのは、ここからではないでしょうか。






ミラノ万博記事 | 13:29:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
JAPAN BLUE 徳島。
YOMIURI ONLINE 徳島より、

ミラノ万博にLEDや食文化出展…9月の4日間

飯泉知事は19日の県議会本会議の一般質問で、イタリア・ミラノで5月1日~10月末に開かれるミラノ国際博覧会(ミラノ万博)の日本館イベント広場に、9月6日~9日の4日間、徳島をPRするブースを出展することを明らかにした。伝統工芸の藍染めや欧州でも人気があるユズを使った料理などでPRし、観光客誘客や販路開拓を狙う。(三浦孝仁)

 県によると、キャッチフレーズは「JAPAN BLUE 徳島」で、伝統工芸の藍染めや発光ダイオード(LED)にちなんだ。藍染めや阿波和紙を活用した体験型イベントを開くほか、県無形民俗文化財「阿波木偶でく『三番叟さんばそうまわし』」の公演、LEDを使ったアート作品の展示を予定。県内のシェフが特産のなると金時やナシなどを材料にしたイタリア料理やフランス料理を提案したり、ユズやスダチを使った郷土料理を提供したりする。

 県は同万博の来場者に向け、県内の観光地や食材などを発信するイタリア語版のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のサイトを4月中に作る予定。飯泉知事は「県の観光資源や食文化、産業を最大限に活用したい」とした。

 同博覧会日本館PR事務局によると、同万博には140以上の国や国際機関が参加し、約2000万人の来場者が見込まれているという。

ということです。



ミラノ万博記事 | 12:51:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
かつお節の件。
NHKニュースより、

和食に欠かせないかつお節は、EU=ヨーロッパ連合に対しては輸出が規制されていますが、ことし5月に開幕する食をテーマとするミラノ万博向けに限って、特別に輸出できることになりました。

和食の基本となるだしをとるのに欠かせないかつお節は、EU側が定める衛生管理の基準に適合する工場がないとして、日本からの輸出が禁止されています。
このため、農林水産省は、イタリア政府などに対して、5月に開幕する食がテーマとなるミラノ万博向けに、かつお節を輸出することを特例として認めるよう要請してきました。
この結果、今回は限られた場所だけで使われることから、万博で提供する場合に限って、特別に輸出することを認めたということです。このほか、同じ理由で輸出できなかったふぐも、万博向けに限って輸出できることになり、農林水産省では今回の措置で本格的な和食を味わってもらい、和食をアピールしたい考えです。
農林水産省は、生産者に対してEUの衛生管理の基準を満たすよう資金面などで支援を行っており、今後、かつお節などのEUへの輸出を実現していきたいとしています。

ということです。

また、農林水産省のホームページより、

平成27年2月12日(木曜日)、ローマ(イタリア共和国)において農林水産省とイタリア健康省の間で協議を行い、ミラノ国際博覧会への日本産食品の持込みに係る検疫・輸送のルールの大枠について合意をいたしました。

(1)イタリア健康省との合意の概要は以下のとおりです。

ア  動物由来食品(畜産物及び水産物)

両国は下記の事項について合意。
(a) 欧州委員会による特例措置に従うこと、
(b) イタリア国境検疫所による検査手続きにおいては、食品の万博会場への流れを円滑にするための適切な支援を行うことこれにより滞りなく検疫を実施すること。

イ  非動物由来食品(農産品、飲料等)

両国は下記の事項について合意。

(a) 日本は、
品目名、数量及び荷送人名を予め通知する、
通関後は、認定倉庫又は万博会場に直送する、
日本館行事で消費し、一般に流通させない 等

(b) イタリアは、
日本から持込む食品については貨物・携帯品のいずれも輸送が可能とする、
予め通告された品目名、数量等を管轄する検疫当局に通知する、
上記の措置により、検疫を速やかに実施する。

(2)主な品目と欧州委員会による特例措置

ア  水産品については、日本食の基本である「だし」をとるための「かつお節」、料理人の技を披露できる「ふぐ」を含め、貝類を除き、認定施設以外の施設からの水産品についても持込み可能とされました。

イ  生鮮牛肉については、認定と畜場以外のと畜場で処理されたものについても持込み可能とされました。

ウ  牛肉、豚肉、家きん肉の加工品(加熱処理肉)については、第三国リストに掲載された上で、認定施設がなくとも、加工条件を満たせば持込み可能とされました。

エ  乳製品、卵製品については、特例措置は認められず、持込みは不可とされました。

ということです。




ミラノ万博記事 | 04:26:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
テレビ熊本より。
県産イ草・畳表がミラノ国際博覧会へ 八代市で出発式



今年5月にイタリアで開かれるミラノ国際博覧会に県産の畳表を使った長椅子、ベンチが出品されることになり、19日に八代市を出発しました。
今回の出品は地元のJAや八代市が県を通じて農水省に働きかけて実現したもので、JAやつしろ本所で行われた出発式には関係者約100人が出席しました。

ミラノ国際博覧会は『地球に食料を、生命にエネルギーを』をテーマに、約140国が参加して今年5月から10月まで開かれます。

日本からは和の食と日本文化を紹介する日本館がブースを構えることになっていて、館内には熊本県産の畳表を使った18脚のベンチが設置されます。ベンチには高級畳表の『ひのさらさ』とくまモンをデザインした花ござが使われていて、県産畳表を世界にPRします。

八代市によりますと、大規模な国際博覧会に畳表製品を出品するのは初めてということです。トラックに積み込まれたベンチは関係者の見送りを受け博多港へと向かいました。

ということです。

10年の歳月をかけて熊本県で育成された新品種「ひのみどり」を厳しい加工基準で織りあげた最高級畳表「ひのさらさ」は、従来のいぐさより茎が細く、色ムラのないのが特徴です。 絹織物の更紗(さらさ)のようになめらかで、きめ細かい美しい畳表という意味を込めたネーミングです。

特徴として、茎が細い(現在の栽培品種の中では最も細い)、着花が非常に少ない(現在の栽培品種の中では最も少ない)、変色茎も発生がほとんどない、先枯れ、元白が短い等が挙げられます。




ミラノ万博記事 | 21:18:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
天のつぶ。
福島民報の記事によりますと、

海外輸出足掛かりに 猪苗代のコメなど 伊で試食会

 東日本大震災からの復興加速のため農林水産物の輸出促進を手掛ける、東北海外展開加速化協議会は、イタリアのミラノで17日(日本時間18日)、被災3県の農産物や加工品を提供する試食会を開いた。本県からは猪苗代町のコメ「いなわしろ天のつぶ」など7品目が出品され、現地の料理人らから好評だった。

 ミラノでは5月に「2015ミラノ国際博覧会(ミラノ万博)」が開幕することから、猪苗代町は今回の試食会を足掛かりに、「天のつぶ」の万博への出品やイタリアなど海外への輸出を進めたいとしている。

 試食会はイタリアのプロ向け料理雑誌の最大手「La Cucina Italiana」本社で開かれ、レストラン経営者やシェフら約60人が出席した。町は「天のつぶ」100キロを持ち込み、にぎりずしやリゾットなどに調理して提供した。現地を訪れた町農林課の小板橋敏弘主査(45)によると評判が良く、特ににぎりずしは、テーブルに並ぶとすぐになくなったという。

 猪苗代町は農産物のブランド化を進め、町内で生産している主食用米「いなわしろ天のつぶ」の国際商標登録にも取り組んでいる。

 同協議会は東北経済連合会や被災3県などで構成している。復興庁の「新しい東北」先導モデル事業の採択を受け、ミラノ万博への出展を見据えた東北の食品や食材の輸出に向けた事業を展開している。今回の試食会に向けては、昨年、郡山市でイタリア市場向けの味付けなどを考えるワークショップも開催した。

ということです。

「天のつぶ」の特徴として、「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」に匹敵する美味しさ、食べ応えのあるしっかりとした食感、炊きあがりの香りが良く、光沢があり、粒がそろった美しい米、等が挙げられ、福島県が15年の歳月をかけて開発した品種で、穂が出るときに天に向かってまっすぐ伸びる稲の力強さと、天の恵みを受けて豊かに実る一粒一粒のお米をイメージして命名されました。




ミラノ万博記事 | 20:56:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ