FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ミラノ万博オープニング記念オペラ公演。


ミラノ万博オープニングからもう3ヶ月も過ぎたとは…。

初日の夜にはスカラ座で記念公演が行われ、リッカルド・シャイーの指揮によるプッチーニ作曲「トゥーランドット」を今回動画ではじめて見ました。

イナバウアーのおかげで、いまや日本でも大人気のオペラへと成長したジャコモ・プッチーニの最後のオペラである 「トゥーランドット」は古代の中国が舞台となっています。

はるか昔の先祖ロー・リン姫の非業の死。それをもたらした男たちに復讐するため、自らに求婚する異国の王子に三つの謎をかけ、答えられない人間を次々に処刑する氷の姫君トゥーランドットの話です。

1時間32分辺りからの王子カラフの歌う「誰も寝てはならぬ」でイナバウワー腰痛を起こした人は少なくないと思います。

この歌の後に召使のリューが自決するのですが、プッチーニ自身が突然の心臓発作により11月29日息を引き取ってしまい、あとは23ページにわたるスケッチだけが遺されただけでした。

ということで、他者による補作によってオペラを完結するのが今日のやり方であり、私はフランコ・アルファーノ版の補作しか聞いたことがありませんでした。

しかし今回の公演では大変珍しい「ベリオ版フィナーレ」。イタリアの作曲家ルチャーノ・ベリオは指揮者リッカルド・シャイーの委嘱により独自の補作版を作成、この版は2002年1月にスペイン・カナリア諸島のラス・パルマスでコンサート形式で演奏されて以来各所で採り上げられ話題になりました。アルファーノ版との違いは、大合唱で華やかに締めくくるのではなく、最後の結尾はプッチーニのピアノ譜の原作どおりピアニッシモで終わるというもの。

初めて聞いたので大変衝撃であり、新鮮でもありました。そのせいかモダン演出の不思議な世界観など大して気にはなりませんでした。




スポンサーサイト



ミラノ万博情報 | 08:29:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コレも試してみたかった…。
紀伊民報の記事より、


古座川のゆずドリンクがミラノ万博で好評 モスフードサービスが販売

 和歌山県古座川町平井、農事組合法人「古座川ゆず平井の里」が製造した「ゆずドリンク」をモスバーガーで店舗販売しているモスフードサービス(東京都)が、イタリア・ミラノ国際博覧会(万博)の日本館フードコートでもゆずドリンクを販売している。当初用意していた分が品切れとなり、追加で空輸するなど好評を得ているという。

 ゆずドリンクは2002年、同社が地域特産品を使った商品として季節限定で販売を始めた。11年からは関西圏を中心にした店舗で定番メニューとして年中取り扱っている。ゆず平井の里が町産ユズの果汁を原料に製造したシロップを、各店舗で薄めてアイスやホットで出している。

 ミラノ万博は5~10月の開催で、同社は5月から7月までフードコートに出店。オリジナルメニューとして、バーガー類5品、ドリンク類はアイスのゆずドリンクなど2品を提供している。

 ゆず平井の里によると、昨年8月、ゆずドリンクの商品開発を担当し、現在は国際商品グループでミラノ万博を担当している同社の寺本和男さんから「ミラノの人たちに日本のゆずドリンクを飲んでもらいたい」と話があり、喜んで了承した。同社は日本の食文化を紹介するフードコートで、国産の商品を出したいと考えて選んだという。

 万博用のシロップは昨年12月初旬に250リットル(6250人分)を製造し、パウチパックに詰めて船で送ったが、好評で5月下旬には品切れとなった。そのため、追加で600リットル(1万5千人分)を空輸し、7月初旬から販売を再開することができた。

 ゆず平井の里の総括責任者、倉岡有美さん(47)は「ミラノ万博に出品していることを町内のユズ生産者に話すと、みんな喜んでいて私もうれしかった。古座川のユズをPRできてよかった」と話している。





ミラノ万博記事 | 16:57:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
世界の不思議な食べ物。
コリエレ紙に写真が掲載されていた、世界の不思議な食べ物。
ミラノ万博会場で食べられるものや期間限定で試食していたものなど様々です。

タイ
thai.png

韓国
kore.png

カンボジア
cambo.png

オランダ、コレはテレビでもやっていました。豆腐と野菜のハンバーガー。バンズの部分に海藻が練り込んでいます。
ola.png

ロシア
ロシア

日本
japan.png

未来のスーパー、コレもテレビで紹介されていた昆虫食。
coo.png





パビリオン情報 | 16:46:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
引き算の料理。
わたしの仕事の同僚がミラノ万博に屋台を出店しているダヴィデ・オルダーニの料理を試してきたそうです。

davide.png

話題のリゾット。名前はそのまま「ミラノ万博2015年用、サフランのミラノ風リゾット」。10ユーロ。「混ぜないで食べて!」というコメントがあるそうです。

davide1.png

ダヴィデ・オルダーニというカリスマシェフはテレビや雑誌、マスコミで騒がれているミラノ万博公認シェフです。
彼のレストランがなぜそこまで人気かといえば、コストを抑え1人55ユーロ~70ユーロくらいで食べられ、高級肉や高級魚を使用せず、独特なアイデアで勝負する所が人気の秘密だそうです。

彼のレストランは予約は6ケ月先まで予約がいっぱいなのですが、万博会場内に彼の料理が食べられる屋台があるそうです。このチャンスを逃す訳にはいかない。

テレビでも紹介していましたね。

davide2.png

古米を使用したリゾットは通常だと様々な調味料が加えられて味を整えていきます。

davide3.png
davide4.png

しかし彼のリゾットはコレだけ、あとは水と酢。

davide5.png

彼が言うには色々な食材を入れて美味しくするのではなく、引き算をしながら素材の味を引き出し「軽さ」を表現したかったそうです。

davide6.png

彼の料理には、日本からの影響を多く受けています。

davide7.png

場所はメイン入口の近く16番の屋台です。誰も気が付かないような穴場ですね。
わたしも試しに行ってきます。

davide8.png




ミラノ万博情報 | 04:09:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
絶賛スイーツの続き。
どうしても気になる「スフォリアテッラ」。
せっかくなら最高級のスイーツ店で食べようと、パスティッチェリア・マルテザーナに行ってきました。

martesana2

1966年にこの場所でオープンした時にはまだ、近くにマルテザーナ運河が流れていました。

歴史的に重要なミラノの三大運河である「グランデ運河」「パヴェーゼ運河」「マルテザーナ運河」。このマルテザーナ運河は現在も市内を流れているにも関わらず、大部分がコンクリートで覆われてしまっています。

この運河の建築が始まったのは1457年。マルテザーナ運河を建築するための都市計画は、ミラノで大流行した「ペスト」が原因だったそうです。30万人の人口のうち、5万人もの死者を出した「ペスト」。運河をいかに清潔に保ち、下水道の整備、雨水の流れなど、抜本的な構造改革が必要となっていました。

その後、レオナルド・ダ・ヴィンチが運河の建築監督になったことでも有名です。

この由緒ある土地のスイーツ店は、オープン当初から「味、創造性、美しさ」の三原則を常に意識しながら現在まで続いています。ヴィンチェンツォ・サントーロがディレクター、ダヴィデ・コマスキがパティシエ長となり、イタリア国内のみならず世界中のコンクールで受賞してきました。

昨年のイタリア版ミシュラン「ガンベロ・ロッソ」ではミラノでは1位を評価されました。
ちなみにイタリア全土では10位。

さてそこで食べた「スフォリアテッラ」は一個一ユーロのプチケーキで、一口サイズ。
しかも貝の形状ではなくどう見ても節足動物でした。

martesana.jpg

しかし、外側は香ばしくさくさくの食感、中はしっとり。

martesana1.png

毎日30種類創りだされる芸術作品とも言えるプチケーキを全て食べるわけにも行かず、3つだけチョイス。

大変おいしゅうございました。









未分類 | 07:13:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
万博関連のイベント動画。
こちらはイベントスペースやその他の関連イベントをアップした動画サイトです。

https://www.youtube.com/channel/UCsgq-Xk_NUgWQrKHrlIeQSw

jap ev

結構、面白そうなものもあって「行っておけばよかった」と後悔しています。





ミラノ万博情報 | 15:32:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミラノ万博の跡地には?
たまに聞かれることがあるのですが「万博が終わったあと、ここは何に使用されるのですか?」と。

ミラノ万博の国別パビリオンは参加国によって様々なタイプのデザインで、独立した形になっています。参加国それぞれに建築から解体までの計画を立て、基本は6ヶ月間で終わってしまう儚いものです。

参加国のパビリオンは必ず「30%ルール」を守り、これは展示スペースの30%はオープンスペースまたは緑地帯にしています。また、建物の高さは12メートル、または17メートルに統一するという決まり事もあります。

パビリオンに食事ができる場所を設置することが義務付けられ、テーマに沿ったものを提供していかなければなりません。

さらに使用されるものは、リサイクル可能な材料に特に注意を払うように要求され、廃棄物管理や最先端技術の方法論などの実施も含め、来場者にも理解を深めていくことが目的とされています。

ミラノ万博会場跡地はこのようになります。

dopo.png

A地区は大学のキャンパスと国立研究所など、大学内の居住空間。
B地区は一般公共サービス。
C&D地区はテクノロジーと農産物加工研究所。

となります。

残しておくパピリオンは、

grafico-mappa.jpg

パビリオン・ゼロ
エキスポセンター
カッシーナ・トゥリウルツァ
チルドレン・パーク
イタリア館
野外劇場

などが決定しています。

例えばアラブ館などは、すでに2020年のドバイ万博でも使用することが決定していたり、次の予定が入っているものもあります。またカザフスタン館などはこのまま残こす可能性もあります。

そこでコリエレ紙の一般アンケートがあり「残したいパビリオンは何ですか?」と問うものです。

sondaggi.png

日本館に対してはどう思われているでしょうか。





ミラノ万博情報 | 16:39:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
大麻パスタの件。
ロイターの記事より、

大麻スパゲティはいかが、英フードフェスティバルで脚光

[ロンドン 22日 ロイター] - イタリア人は誰でも、パスタはヘルシーで気持ちをすっきりさせてくれると言うだろう。しかし、大麻(アサ)からつくられたスパゲティはどうだろうか。

ロンドンで今週開かれたフードフェスティバルで、南イタリアの農家が大麻のパスタやオイル、パンを出品。ただ、食べても気分が高揚することはなく、ヘルシーで味も良いという。

マルツィオ・イラリオ・フィオレさん(30)は「大麻フードは実にオーガニック。大麻は農薬や肥料もいらず、ある程度の水だけで育つ」と話す。

大麻からはマリフアナがつくられるが、一部は食用に栽培されている。ヘンプと呼ばれるこれらの大麻は麻薬成分であるTHCを無視できる水準しか含んでいないという。

イタリアでは1998年にヘンプ栽培禁止措置が解除された。フィオレさんは「私が育てているヘンプはTHCが法的基準を逸脱していないことを確認するため、警察によるチェックを定期的に受けている」と語った。


ということですが、ミラノの食材店「イータリー」でも4.2ユーロくらいで普通に売られています。

canapa.png

例えば「豆腐とサフランの大麻ペンネ」なんていうレシピも出ていました。

canapa.jpg


日本へのお土産の場合は自己責任で。






未分類 | 15:51:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
絶賛スイーツの件。
こちらのテレビ番組で紹介されていた絶賛スイーツ。

shira.png

ミラノ万博でも絶賛されていると紹介していましたが、会場内のどこで食べられるのか…。
リサーチしてみないと分かりません。

shira1.png

ごく稀にミラノ市内でもバールやお菓子屋さんで見かける、この「スフォリアテッレ」。

ウィキペディアによると、

スフォリアテッラまたはスフォッリャテッラ (sfogliatella)は、イタリア、ナポリ地方の名物の焼き菓子。その名称はイタリア語で"ひだを何枚も重ねた"という意味を持つ。アマルフィ地方の修道院が発祥であるとの説がある。スフォリアテッレ(sfogliatelle)は複数形。
貝殻をかたどったひだが何層もあるパイ状の生地の中にリコッタチーズ、カスタードクリームやアーモンドクリーム等を入れ、オーブンで焼き上げる。パリパリとした非常に硬い焼き上がりとなるが、美味。ナポリ以外でもイタリアを代表する菓子として高級レストランのデザートなどに登場する。

スフォリアテッラは17世紀、アマルフィ海岸に面した、サレルノ県コンカ・デイ・マリーニにある「リマの聖ローサ修道院(Conservatorio di Santa Rosa da Lima)」で生まれた。その誕生は極めて偶然だった。ある日のこと、修道院の厨房にあるセモリナ粉が傷みつつあった。これを見つけた厨房係の修道女は、それを捨てる代わりに、乾燥果物、砂糖、リモンチェッロを少量ずつ加えることである餡を得た。そして出来上がった餡を包むため折りパイ生地の先端部分を利用し、餡を詰めたパイを高温の竃に入れた。出来上がったこの菓子は修道女たちや修道院近隣の住民の間でとても人気となり、修道院にちなんで「サンタローサ(聖ローサ)」と呼ばれるようになった。1818年、ナポリ人パスクアーレ・ピンタウロが経緯は不明ながらそのサンタローサの秘密のレシピを手に入れた。彼はレシピに軽いアレンジを加え、新しく貝の形に作ることを思いつき、今につながるスフォリアテッラを生みだした。現在でも彼の菓子屋は、営業の仕方は変わってしまったが、200年前と変わらずナポリのトレド通りに店舗を構えている。

ということ。

shira2.png

だそうです。

同番組でちょっと気になったのですが、

shira3.png

と言っていましたが、ご安心ください。
イタリア版のスターバックスはミラノ中心街にもあります。

shira4.png

「アーノルドコーヒー」という名前に変え、メニューは一緒です。
普通にキャラメルマキアートがあり、私は普通に「スタバ」と呼んでいます。

shira5.png
shira6.png





ミラノ万博情報 | 04:09:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
さすがNHK。
この番組はとにかく凄い!
今まで見た番組では「外国人が和食を絶賛している」という作りが多く万博全体のテーマに触れていませんでしたが、さすがNHKですね、ミラノ万博全体のテーマに沿った丁寧な番組作りをしています。

私自身も大変勉強になりました。



ミラノ 食の万博 おいしい地球の英知

世界各国が創意工夫を凝らした食のるつぼ・ミラノ万博を、イタリア在住の漫画家・ヤマザキマリと俳優の細川茂樹が訪ねる!

出演:ヤマザキマリ、細川茂樹






ミラノ万博情報 | 17:43:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ