FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ミラノ万博ジャパンデーから一年過ぎて…。
早いもので怒涛のようなジャパンデーから一年経ちました。
毎日の生活に追われ、ミラノ万博のことが過去のことに変わりつつある中で、ところで今あの場所はどうなっているのだろうと気になり、9月いっぱいまで万博会場が一部開放となっているので、見学に行ってきました。

しかしながら開放されているのは青く囲んだごく一部。
週末の金土日、14時から23時までとなっています。もちろん無料。
シャトルバスも会場の南側のみを走っています。
dopo2.png
dopo1.png

かつてのセキュリティゲートは何もない。
dopo3.png

ゲートから入って、メインストリートに向かう道は閉鎖しています。
dopo5.png

パビリオン・ゼロは健在。
dopo4.png

シャトルバスに乗って野外劇場で降りると、南北を通る短い方のメインストリートが開放されています。
dopo6.png

かつての未来のスーパー「コープ」は外壁を変え展示会場に。
dopo7.png

アルファロメオ博物館の宣伝も。
dopo8.png

クラスターはそのまま残してあります。
dopo9.png

この辺もそのままの残っています。
dopo10.png

日本館が存在していた痕跡は見当たらない。逆に場所の特定が困難でした。
dopo11.png

他が廃墟のようになっている中でマクドナルドは普通に営業しています。
dopo12.png

その隣のトルクメニスタン館だけ現存。
dopo13.png

アメリカ館の裏にあったフードトラックは場所を変えて営業。
dopo14.png

野外劇場では格闘技のイベントの準備。
dopo15.png

「生命の木」は1時間おきに噴水ショーをしています。
dopo16.png
dopo17.png

しかし、それ以外の時間は橋を渡って中まで入れます。
dopo18.png
dopo19.png

下から見上げたり。
dopo20.png

生命の木の根元の部分にはパネルで説明があります。
この形状がローマのカンピドーリオ広場からヒントを得たとか。
dopo21.png

生命の基本的な比率である黄金比を使っているとか。
dopo22.png

建築の様子など、先に教えてくれればもっと詳しく説明できたのに…。
dopo23.png

そしてイタリア館もそのままの形で健在。
dopo24.png

館内も開放されています。信じられないくらいの静寂。
dopo25.png

かつて人形がおいてあった部屋は、イタリアの国歌が流れオリンピックのイメージ映像があります。
やはりこの先の2024年ローマ五輪に焦点を当てているのでしょうか?
dopo26.png
dopo27.png

最後までよくわからなかった展示室は、よくわからないまま現存しています。
dopo28.png
dopo29.png

窓から見える景色、イスラエル館、フランス館は存在せず。
dopo30.png

流れるようにして見るしかなかった部屋も今はゆっくり見学できます。
dopo31.png

ミラノ万博メモリアル映像。
dopo32.png

2007年の時点での建設計画。
dopo33.png

2009年の計画。
dopo34.png
dopo35.png

かつて存在していた各国パビリオンの説明。
dopo36.png
dopo37.png

そしてVRのヘッドギアをつけると360度3Dで会場内部が再現されています。
dopo38.png

再び訪れてみると遺跡巡りのような感覚で、なかなか楽しめる場所でした。






スポンサーサイト



ミラノ万博情報 | 09:38:11 | トラックバック(0) | コメント(0)