FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コレは知らなかった「天女の羽衣」。
北陸経済ニュースの記事より、

「天女の羽衣」 ミラノデビュー 万博出演者の頭飾り

天池合繊「用途展開広がる」

 織物製造の天池合繊(石川県七尾市)が開発した世界最薄、最軽量とされる織物「天女の羽衣」が、ミラノ万博の日本館で上演されているショーの出演者用頭飾りに使われている。海外の有名ファッションブランドに採用されて欧州での知名度が高い商品だが、国際的イベントで世界中の来場者の目に触れる機会も得たことで、同社は素材のさらなるPRと販売拡大を期待している。 

 ミラノ万博は「食」をテーマにイタリア・ミラノで五月から十月末まで開催中。日本館は参加した国や国際機関などの展示館では最大級で、ハイテク技術を駆使した芸術性が高い体験型の展示で和食などをアピールしている。

天女の羽衣

 天女の羽衣が使われたのは、映像を交えて日本の食文化を紹介するショーでパフォーマンスを披露する女性出演者の頭飾り。赤、青、緑、オレンジの四色に染めた生地をひだ状に幾重にも折り畳んで扇子風に仕上げた。日本の着物をベースにアレンジした出演者のカラフルな衣装を引き立たせるような斬新なデザインが目を引いている。

 同社によると昨年、日本館の運営関係者から協力要請を受けた。デザインした日本人ファッションデザイナーは、出演者がパフォーマンス中に着脱しやすいような軽い素材を探していた。候補は複数あったが、毛髪の約五分の一の極細糸で織った一平方メートル当たり十グラムという軽やかな素材感などが決め手に。無償で提供し、ショーで使われる映像の終盤では同社の社名も協力先として紹介されている。

 天女の羽衣はこれまで、有名ファッションブランドなどのドレスやスカーフ、有名ダンサーの舞台衣装といった、長所である薄さや軽さを強調した使い方がほとんどだった。

 今回は折り畳むというこれまでにない使い方になったが、天池源受(もとつぐ)社長は「用途展開が広がるきっかけになる」と歓迎。和風の衣装との組み合わせになった点でも「日本での素材の知名度向上にも役立つのではないか」と話している。 




スポンサーサイト


ミラノ万博記事 | 02:34:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。