FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
21世紀、地球上の生物の主要食になるか?
NASAも注目するスーパーフードとして、最近良く見かけるようになったキヌア(Quínua)。

キヌア

すべての炭水化物は太る原因だというのは誤解でそうでない炭水化物もあるのです。それがキヌアです。
キヌアは繊維とたんぱく質が豊富。また他の穀物とは違いグリセミック指数(炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す数値)が低い事から血糖値が上がらないのだそうです。

栄養成分がバランスよく含まれており、美容やダイエットなどの面でも注目の食材。米国の歌手・ビヨンセが約26kgの減量成功の秘訣とっしていたり、海外セレブが取り入れていることで「スーパー穀物」として欧米では熱狂的人気となり、日本でも最近手に入る場所が増えています。

キアヌは「穀物」と呼ばれていますが生物学的分類上は穀物(イネ科)ではありません。ほうれん草の仲間です。ただし穀物のような見た目から「擬穀物」という分類に属され、ソバやアマランサスなどと同じところに位置しています。一般的には「穀物(雑穀)」として扱われています。

白米と比較した場合、キヌアの鉄分は5倍、カルシウムは6倍、食物繊維は10倍と言われています。

NASA(アメリカ航空宇宙局)がキヌアの栄養面、取り扱いやすさ、用途、収穫率などさまざまな点から宇宙空間での長期滞在に適した作物として発表。「21世紀の地球上の生物の主要食」とまで言わせた栄養価の高さや、穀物アレルギー疾患の人でも食べられる点などが人気となり、価格高騰が問題になるほどに人気が出ています。

キヌアの原型を見るには穀物クラスターにあるボリビア館で見ることが出来、食べてみたい方は道を挟んで目の前にあるエクアドル館のフードコートに行くとコロッケや、サラダになっているものをお試しいただけます。

コロッケは6.5ユーロで、味はこう…、豆のコロッケみたいな感じです。



スポンサーサイト


パビリオン情報 | 03:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。