FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

全く機能していないイタリア語「条件法現在」
カンツォーネとはイタリアの民衆に広く歌われる歌謡の総称です。
特に日本ではナポリ地方で生まれた民謡のことを指していますが、プロの人気歌手による作品もあり、リリックな歌曲から、ジャズやロックの影響を受けたものまで多種多様です。
特徴としてはナポリ音階、和音を取り入れた叙情的な音楽に、憂いのある歌詞で歌い上げる傾向にあります。

さて、イタリア語検定3級以上になると「条件法」という文法が登場します。現在形は「かもしれない…」「したいのですが…」という、あいまいなニュアンスを表現するための語法です。

条件法現在は、
1. ある条件のもとで、起こる(起こらない)かもしれないことを示す
2. 可能性・不確かさ・推測・伝聞
3. 語調をやわらげる

ということですが、このナポリ出身の人気歌手、ジジ・ダレッシオが2002年にリリースした「Io vorrei」という曲には条件法のニュアンスにあてはまらないんです。

Io vorreiとは「Io=私は」「vorrei=そうしたいんだけど」。
はっきりとした意思を示すものではなく「そうしたい…」という条件法現在によって語調を和らげています。



Ho bisogno di dirti che si sta male,
あまり気分よくないってきみに言わなきゃいけない
è una vita da schifo se non ci sei
君がいない生活なんてうんざりだ
e mi trovo col mio disordine nel cuore senza te,
君がいないと心が乱れるし
scatoloni pieni di ricordi che non vanno via.
思い出の詰まった箱を消し去ることはない

Ho bisogno di dirti che non è vero
すべて嘘であってくれと君に言いたい
sono sempre geloso dei fatti tuoi,
君の勝手にはいつも羨んでいた
sono io che la notte chiamo al tuo telefono lo sai
夜中に電話したのは僕だったのは知ってる?
sento solamente la tua voce ma non parlo mai.
声を聴くだけだったのに、君は一言も話さなかったね

Io vorrei riprovarci ancora,
もう一度だけ電話してみたいんだけど…
io vorrei ma non so se tu lo vuoi.
君は望んでいないかもしれないけど…
 
Quante cose ho bisogno di dirti ancora,
君に言いたいことがどれくらいあるだろう
non possiamo lasciare tutto a metà.
今までのすべてを半分に分けることなんてできない
Questo amore ci appartiene dal profondo
お互いの気持ちはまだ深いところにあると思うよ
basta chiedere.
僕に尋ねてくれればよかったのに!

Ma io vorrei salutarti ancora,
もう一度、君と話したいんだけど…
io vorrei respirarti ancora,
もう一度、君と生きたいんだけど…
io vorrei fare tutto questo se lo vuoi.
僕はそうしたいんだけど…、君が望むなら…

言葉というものはあくまでも表面的なものであり、心の微妙な動きを音楽の力を借りで表に現れるものが「歌」ですが、この曲は語調こそ柔らかくなっていますが、メロディで意志の強さを表現しています。

メロディこそリリックに仕上がっていますが、言葉と心が全く噛み合っていないバランスの悪さから、かなり「追い詰められている」感があります。怖い…。


スポンサーサイト





未分類 | 18:04:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する