FC2ブログ
 
■プロフィール

 川倉靖史

Author: 川倉靖史
イタリア公認添乗員です。
1995年よりミラノ在住。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■FC2カウンター

■フリーエリア
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
絵画的クリスマスソング
もう本気で聞き飽きた! と思うクリスマスソングベスト10

1. 「クリスマス・イブ」 (1983年)山下達郎
2. 「ラスト・クリスマス」 (1984年)ワム!
3. 「ハッピー・クリスマス」 (1971年)ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
4. 「恋人がサンタクロース」 (1980年)松任谷由美
5. 「クリスマスキャロルの頃には」 (1990年)稲垣潤一
6. 「サイレント・イヴ」 (1990年)辛島美登里
7. 「メリクリ」 (2004年)BoA
8. 「恋人たちのクリスマス」 (1994年)マライア・キャリー
9. 「いつかのメリークリスマス」 (1992年)B’z
10. 「サンタが街にやってくる」 (1934年)

なんとも悲しい結果なんですが、それでも20年以上愛され続けているのには、曲を構成する和音進行のなかでも特にベースラインにある種の仕掛けが施されているからと考えられます。
クリスマスソングの場合は、とくにベースの動きに順次進行的用法を取っていると、上から何かが降り注いでくるようなイメージをしやすく、音から映像を引き出しやすくなっています。

例えば、この山下達郎の「クリスマス・イブ」ですが、楽曲のベースラインが一小節ごとに下行していきます。順次進行にしていくことによって、ゆっくりと雪が降っていく状態を印象づけています。

クリ

松任谷由美の「恋人がサンタクロース」も同様に、ベースの表現をトレモロにすることによって少し動きのある景色を表していますが、この場合も小節ごとに下行していきます。

クリ2

通常、曲を構成する和音は基本形がメインとなりますが、同じ和音でも転回させることによってベースとなる音も変わっていきます。

dai2tenkaikei.gif

小節が変わり和音が変わる時に基本形、第一転回形、第二転回形を上手く活用することによって、ベースラインをキレイに整理することが出来ます。

例えば、八神純子の「みずいろの雨」の場合は、順次進行をしながら下行していますが、さらに分散和音にすることによって「雨」を表現してます。このあたりが「雪」の表現とは異なります。

クリ3

ヒットする曲には必ずアレンジに何か仕掛けがされており、特にベースラインにおいては楽曲全体の土台となるくらい、屋台骨としての役割を担っています。

4分20秒あたりから根音と転回形の説明が始まります。




スポンサーサイト


未分類 | 23:09:37 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
2017-12-24 日 23:18:32 | URL | さくら [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。